華村千裕 オフィシャルブログ

AVプロダクションLINX(リンクス)所属のAV女優・華村千裕(はなむらちひろ Hanamura CHihiro)の公式ブログです。


人道外れると、それさえ滅ばせようとする。



そう誰もが上手く都合を悪く考えられないからだ。

 


ワクチンが「エヲカイタ」って、


 

言う人は必ずいます。


 

そうとも、想像していたいのが心だから、仕方ないとして。(何が出来なくてもひとはいろいろしていたい)

 



「人を動かす為に」、書いてみてもおかしい。

 

 

愛はもっとストレート。


 

さっきが理由じゃ「人が通さへん」と、思う。


 

人が、哀しいけど何となく恒常的になってることを信じたり疑ったりしながら、昨日を越える。


 

けど、天空なんて実際恐い。


 

笑ったことは、やっぱ正しくて、

 


ない筈の星(やさしさ)がどこかで、


 

輝いてるんや!


 

私も蘇り、存在している。

 


何の価値も捨てたくない。


 


気を悪く持つひとは持ったらいい。


 

それが、お茶。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

人がいて未来を見ていくのが楽しみ、

 

 

人がいなかったらだるいだけ。単なる感謝は頼りないが、

 

 

普段から、何となく「人や何かを感じていること」で、

 

強くなれる。

 

 

 


 

 

建て前の「無」と、本当の気持ちは両方持てるから。


 

 

 

ありがとう、で足りないのは、

 

 

世界(対じぶん)を飛ばして歩いたらたらキツいから。

 


わたしは神が凄く好きだ。


足を、幽霊に噛まれた事がある。 




ウマシ タカカムは、白無垢の殺人犯で、顔のフェイスラインがもう板倉さんやねん。
それは幽霊やけど、

 

波長で憑くとかじゃないねん。

 

人間だったのなら少しはいいとこあるから信じるけど、

 

それがないのが幽霊であり、

 

「キツネ」と呼ばれて


神の近辺にいるのは、殺しまくったから、

 

私の、近くにいるのは、

 


そいつらだけを束ねた神木が昔から私にあり、


神木であるからには

時を「良く」持っていて、

 


語ることの出来ない「神」を人に語らせる手立てが

 


この幽霊たち

 

 

人がそれを止めるのは、

霊界に及んでいわずもがな神の仕業。

 

 

人が、どうにか

する分を、ちゃんといつも残してくださる。

 


だから、幽霊って怖いんだなぁ、と学んだりしてる。

 

妖怪の重要さ|揶白〈CREATORS BANK Diary〉 http://creatorsbank.com/yohaku/diary/40458

揶白

m

Diary

 

「楽しい妖怪も有るが、精崩れであるがそういう精なのだ。

 

 

 

本物の妖怪は、世界の何も頑張らずにタダで堕落して行くひとの事。堕天使や、ものを考える悪人とも違う。

 

 

 

よく善者と間違われ、

 

 

 

それと、よく善者がその妖怪だと見間違われる。

 

 

 
この妖怪といって語る幽霊とは最下層である為、逆に人が神を語る為の材木となる。ひとだから一縷は良いとこがある、それが本当にないのが噂だ。

 

 

 

ミスマルノタマ

 

ウマシ タカカム

 

アシカヒヒコ

 

 

 

何か小さな負があって、

 

人のわけで踏んづけてくるなら、有るが、

 

妖怪はそれしかしない。

 

 

 

 

 

トコロチマタノは有名になり過ぎて捕まった。

 

 

 

こうした要は「諸霊」と有るものではなく、

 

「足のない」幽霊を、幽霊と見定める。

 

日本では「キツネ」と言って、神のそばにいる稲荷との大きな違いは、稲荷はこれを見てきた精や仏眼に起因がある。

 

「幽霊」を「幽霊」と見定める、ここまでがShintoの道。

 

 

 

幽霊の原因? 神がいればそれは、今ここにあるんだ。」

 

 


故に人間にとって、長らく神の存在が危ぶまれてんな。

 

噂があるのは、鬼神ばかりで誰も知らん。


それでも愛は繋がれて

 

皆、泣いたって

 

いいとこが無いって、憎まれ過ぎてん。

 


色んな人に。


AVするうえでは、


ごく妙な人間関係の表情、




それが自分に欠けていて引っ掛かります。



一流のそれって云うのは、



服を脱ぐ事とは、



演技をする=自分の中の皮を剥く、



それが殻を破る事と思うのですが、




私の心の奥が、白無垢を着てるのです。




それでもAVが夢だったら、身なりも“普通”ではあり、二番煎じであれば、



なんなりと出来ますが、リハビリとしても、




やっていきたいと、ここではそう思います。





声の練習をえらいする、とある時に聞きました。



どんなやらしさを、とは考えておりました。




また女は、精神になる希望として普段から演技をする事が、あります。




男性もそうですが、




精神、つまり愛は相互で、




こういうふうにジブンハ優しくなりたい、



と、囁き、人間は動物ですから、




その様に声を上げる。





そうここから思うと、「愛の造形」としての、



おぼろ月のビデオ(AV)です。



私はそれに欠くことが出来ない理性の才能が、



男性に優しい才能が、




ないので、



ある「高点」、朝焼けでは消えるようなほどの、


高点としての「良い仕事」が、



必ず出来ないことを話していて気付きました。






出会えたって感激ですが、



「友」としてあるまじき 裏切り。



点在した情報をパズルにして、



読み解いていくことの、合わさる絵、



そのイラスト、その風景とは?





それが好きな者が、孤独を成したらいくらでも広げて行ける、



1万ピクセルの写真とは、個人でも思う事や、



今残る仲が、ただ道なりを手や物をして、「歩く」事で、成ります。




きっかけを、



すっぱく云いますが、私は大きなことは云いますが、



「きっかけ」の人間です。



きっかけはきっかけでしかないのだろう、



これは、私の仲間が云うてました。




がんばれ!等とも、云えませんが、




人間を応援する気持ちがあったら、



いいんじゃないでしょうか。




0歳の時、東京に住んでて、天が、



縁をつくってくれているのでしょうが、




ゆかりや出来事、縁は自分から



自分で悩み考えることだし、



それが、如何なる想像でも良いんです。




ジブンから考える事に、それがそのまま自由に



なってるんだと思います。是非、お守り下さい。




皆様と、少し喋れて楽しかったです。







「ありがとさん、」と言った後、



ここでの注意点は、やっぱりお金になることの仕事の価値も然り、


存在するけど、感覚と経験では、



ちゃんと月が月だと何となく分かってる。



同じようだ、と云える事はあります。






子供が出来ても、月にほほえみを(^ー^)














































↑このページのトップヘ