おまちどう
人間にはやさしさと少しの個性がある。
それは地球も、
だから、ゆっくりでいい。

生玉の神様



色んな人が、色んな人の事を、募ったら

びくびくして暮らすくらいなら空もいらん。

人間が神と話をするようになった=本当の意味での、豊かさ。勝利。


だからって、人が簡単に変わらないのだから、
人間がどうこう悪いじゃなくて、
難しいことをして、やっと変われる人もいるから。

信用がある。
考えた事のない人は、考えてみたらいいし。

この、「人」は、道徳を持っている、という意味で、

それはいつまでも、何が起きても、怖くないと言うこと。いつまでも。

たとえ天変地異としても。

だから勉強して欲しい。


今は ごたごた だけど、

やり抜いたら、本間に面白い話だとおもう。

生きてる意味なんて、考えてる暇ないと思う。

だから、元気がいつでも大事。
暗さでも明るさでも、盛り沢山の自分!


あとはお経など、練習して、誤魔化していけば、ゆとりが生まれたら、人が助かるねん!

誰が、誰を、を

「君」 「私」に言い変えるのにひと手間がかかるんだよ。

自分が、形にする方が、世界とか海とかより未知数。

そんな事に明け暮れて死ぬのが素敵。道理にかなってるし、苦労を知る。