フランスの女の子で調べていたら、皆10着しか服を持たないと出てきて、良いなぁ思て、映画とか見ててもフランスは話を自由にさせてくれるし、亦これは孤独で、個性何て、埋もれて、私でも簡単に受け止めてくれるだろうからあしらってくれるというか、日々が素敵でとても憧れる。フランスの女の容貌を見たときからすっ倒れる事はありませんか?すっ倒れて、いい加減なような繊細な思想も思想憧れて、「私には何も無い」と云う結論を出し打たれました。私が自己の宗教を見直したのがアメリカ人が皆ユダヤ人かクリスチャンで有る事とそれからですが、哲学こそ持っていないのですが美学自体はまるっきりfranceから始まります.
強く隔てて、
例えば真似をする、模して改良するものでは有り得ず、
悄然としても光への憧憬と恥じらいが有り、自分文化と言葉を根っこから養いました。恥じらいが有らなければ私はTシャツを着ていて特別な事を何も考えなかったと思います。遥か光の影は、山々の緑のようなあるいは、透きとおった惑星の様にあらねばならない、存在したいと思うのです。全く不良のものでは無い。死の色んな欲は液体のように跳ね上がるが。譬えば太宰治、三島由紀夫。

 

鶴よ頭の黒い、劣りの美しい容貌や、惑星のほかげをもっともっと慈しむ。

 

フランス、と拘るのは絶対惰性ですので、ダダとかもっと目に見えぬ奥行きを世界中を広く見たい。中国人からしたら、哲学が既に完璧に完成されている彼らの外側に、「思想」なる全く新しいもの、を彼らが臨まれて、アイヤー…
だろう。習得!詩性!実務!勉学!覚知!いまや、いまや多岐に多様性を持ち、ダイヤモンドは更に硬く、深く、空中を宙返りし、、
この先の詩は知らないが作成して欲しく思う。

 

習得!…からなる、

この明王が云うに、妬みは無いあるか? 

それらこれと云うのも、人がいい楽天的な理知の、
最も悪的な柴犬の、眼鏡をかけたこの我らの忠義と

努力と、負け惜しむような気高き遠吠えと、能花で、風姿花伝で成っている。

なんと機械を、中国がアメリカも日本も追い越して一位を獲得したのだ。


柴犬、我ら忠義が足りない!


日本人はゆったり負けていこうではないか!

 

その先に必ず知がある。誰にも犯されぬ、そこは誰にも犯されない。


日本人はゆったり負けていこうではないか!

その先に、

必ず 知がある!

誰にも犯されぬ、そこは誰にも犯されない。

 

傷つく思いやりと、赤の周りの透明色を持つのです。