華村千裕 オフィシャルブログ

AVプロダクションLINX(リンクス)所属のAV女優・華村千裕(はなむらちひろ Hanamura CHihiro)の公式ブログです。

2021年08月

愡と云う女は下り道を行く、結婚を思う。それはあなたを弄ぶばかりの戯れヤ。私の性器から跳ね落ちるなみだを破るポルノの努力や、愡が亦、お箸にはさみますキュウリ、お箸にはさみますしめじ茸、ほんで包みます花瓶やご飯の猥褻。參(ひ)に為った感情の、ぶどうぞめの紫色、数珠で巻捨てる、叩いた頬を。木に括って流したしょんべんを。あっ、月(ちく)び弥。ああっ、日蓮様、阿々(あ)、捲れたエプロンが垂れた紐よ。 顔の上の房(ふさ)。  お前はちゃんと、重ねて服を着る、其の事の、煌びやかに。要は、悪いことをぽいぽい為(し)ない、語尾の「経」云うのが、尊敬します、と云う。 南無妙法蓮華経後悔懺悔  心が美しいわけない杷(わ)、白人で無いのに、どっちがどっち特別が有って、死に方が違い、生き方が同一で有る。二度と無いことが、涙の様に零れてぽろっと、辛いことから虱潰しに覚えて行く事に拠り、一粒を。愡は結果的に強く為り、詩も歌えるように為った。しかし、人間の学びのペースが最大に基盤を為して居るので色々気遣いを忘れぬ。辛いことから積み立てて行くと、精神が、タワーのようになっていく。自分の痛いところとか。  人を狂わせる美しさ、 そんなものが「お宗教」だ。キリストも、日蓮も、蓮に違い無く、くらくらするほどの麗人が、釈迦で有る。 美貌が、危険弥(や)と云う事に、何となく文化を取り戻した、自己の心と自分の手を合わせ、愡は悲しむ候。此(こ)の額から、お前も希望を見つけ、「死」が嫌なら、何か工夫して歌い。愡、良い墓をとまでは思いも為ないが、この道は正しいぞ、予定が有るわけでも無く、さだめられたわけでも無く。心が、愡今、詩文を成して行く事は、「物語」を描くその為の てこ、程のことで有って、詩の亦低価格で有る守護、薔薇は、大いに遊んで居るし、詩人もいい加減を守るから、何もかもが良いのだ。  物語という文明は、中国よりか古い「私」の国である。芸術学校ではそう習った。 文明と文化の違い、これは、動かせないか、移動可能かに尽きます。 「古事記」から也、詩は、どこでも在ったかも知れないけど。物語が有る其の「私」の国 も、今に為るとラピュタの様にどこにでも彷徨うて居る。ちなみに、「私」って書くのは、私たちとか、あなたら、この意味を持ってそう書いて居ります。つまり、今が現代が、実は最も古いんじゃないかと思う。果てしないコロナの苦労が、何かを支えたりするが、解いかけが常に沿って存在して居て有る。 中国を、古さのイデアとして。釈迦は、遙か、 シンバルのあの音を「永久」とする。  そう、それをやってあげるのが日本人だ。長いものから反れて、嫌われて居る。 訳を云う所に、天使等に安安となろうとするところが、顔が厚く「横着」だ、繊細では無い。 人間性に乏しい、で調べてみたら、ツンツンしてる、と出て来た。人間味に欠けるとも、書いて居たけど、「味」とか豊かさをごっそり失ったから、非常に何事もキレー、底が無いとか、認識出来なかったというか、物分りの早さがそこで大きく変わってしまったから。字にも自由を教わらなかったし、 愡らは宗教、親父の酒、憤り、冷たい態度、此れらを古臭いもの、として扱ったまま、大気圏外にある令和のひと。嗚呼、水も氷もがつがつと食い倒して、大きくなりたい!! という将来の夢を、託されていることを忘れなかった。人が人の打つ手に頼りがいが有るのは、意外と。只。  小説や文学に存在する余計なくだらない敷居を、愡それは楽しむ。 此れが学問で有るが、厳かさと云うのも、もろい繊細な 「芸術のような」もの、これは如何にも大義を感じるのです。こういう物、全体的な熟考の生まれを「亀」と云います。余りが無い、と云う事が優れて居る。日本で狭く飛んで居る中で、それでこそ彫刻は出来上がります。出来上がってから渡すので、何十年も彫り続ける事です。  歌舞伎のちゃっちさ。「色」「色」してるから、標本のように色々臨める。お高く思うと何かやけに無駄なものが出てくるし、文学とも云えない。云わないのは唯一で有ったり、天上天下、と、とんっとだけ仕切られる。 あらゆる価値が文化史上最も「とっぽく」嫌に余り近づかない。この上無く、成立することの「可能」で有る諸悪の表現は、鍛錬の昇竜拳等にして、私達の様な成り立たない粘土のような善意とは異なります。甲(こ)うずるずる恋をして置くべきだし、それくらい力を抜きして、安いと言わねばならねえのは、祝いにやっぱり時間の操る仕掛けに誠実を覆すのが、 平安も、武家社会も、戦国、も、全部終わった後に成り立つ江戸時代とは、価値観がもうこの上に無いという意味に「天上天下」と来たら「唯我独尊」とお声が有り、お墨付きで有る。殊更のことでは無く。熱(ほて)る 。 とは云え、愡は「能」派です。 あんなに、わははっと可笑しくて怠けたもの、それを混交して有るもの、その他を適当に置き去りに出来る、花のようなもの。「孤独」の表現力は、ドビュッシーを連想しました。花、これを立派に磨く事が愡は命で有り、道徳の答案なども、この小難しい所に有るのだが、人とは、結局落ちなければならないし、泥や、水や、譬えば夫、これらと、煩いとして、闘わなければ。風も姿も花も、伝えることさえ声に無く。 ああ、夢を見ていた。  馴染ましさとは、美しさで有り、自分が育てて開花を待つのだ。馴染ましさは、その滑らかさで有り、即ち美しい!  自分が光になるのではなく、光にたいして抵抗すること。自分が負けてしまわないように真っ直ぐとあがくものだ。光に立ち止まるのは、蛾くらいで、若し神経が優れてたら、人の嫌もわかるし、諦めたり、回避も為る。所詮は、惑星の重力に何の思いもしないで、憎しみを愛と言ったりするごちゃごちゃなひとは。人は傷められるのではなく、傷ついて行くさ中に、直立する光で有る。一度、立てば、結構簡単で有り、同じ重さになって来て、気にならないようになって来る。それまでの地獄も亦、突拍子もない憧れで養われるのでは無く、これまでの周囲にずっと未知を見る様に慕(おも)う。つまらない世の中を、見続けるこそ。 遠くの星に未知がある筈無いのです。 そうやって、光や、電球にぴょこぴょこたむろするような、猫や害虫になるのでは無く、そんな道に往生して教えが、どうこうのでは無く、挙げ句はもっと頼って、見切って、蹴り、自分の居場所に落ちましょう。老けないとは、こう言う事を指し、白比べをしない事の、。そう云ったものを、捨てて、見切って。 蝶に為る、其れを模す、真似する努力に耽って死んだら良いのでは有りませんか。蝶には、どんな特徴が有りますか? 昔付ける事の出来た観察日記を、思い出し、日。五十の歳が花の山だったりするから、若者の思い違いも甚だ。愡は、精神も取り戻さなければ。 於! 精神的でないと。 何か自分より優れたものを、いつまでも怖がってたら駄目! 愡は何度も練習しました、 「これは、「美しい」ん弥(や)。」 「お洒落ですね!」 「綺麗ですね!」 何事も無い日々だけど、元気は伝わるのです。自分の挫折も、譬え苦しみも、平和に影響を与えぬ夜(よ)。静かに暗くなって置きなさい。ちゃんと周りに当たり散らして。そうゆうふうに頼れる周りの人に、ちゃんと周りにしがんで!工夫を為(す)る。  誰も「いない」ので、代弁している雷です。金色こんじきも潔く、何もかもをざっとして、脱いで捨てを。

今朝、全てから尊い

しんせいな孤独に逢う

それは、愡(わたし)の孤独な父

疾風は吹くが、清々しい朝

あ、父よ! 神は穢れさえも受け入れる

愡のように割れぬのだ

(友達)のように高ぶらぬのだ

父以外に! 誰だって詩人であるのかも知れぬ

砕けて割れ 和解した文壇


これら二つの特長がある

もろく過去から彷徨った風のやう、亡失したと願う煩い人たち、

お前の、

白濁している! 凍るような排泄物

それは死体である天の川

愡のカオに降るえるおーぶいい


故障、 
お前らは、故障やぞ!

スポーツを、愡にさせろ

お前らは、直せ

それは可能や

フランスの女の子で調べていたら、皆10着しか服を持たないと出てきて、良いなぁ思て、映画とか見ててもフランスは話を自由にさせてくれるし、亦これは孤独で、個性何て、埋もれて、私でも簡単に受け止めてくれるだろうからあしらってくれるというか、日々が素敵でとても憧れる。フランスの女の容貌を見たときからすっ倒れる事はありませんか?すっ倒れて、いい加減なような繊細な思想も思想憧れて、「私には何も無い」と云う結論を出し打たれました。私が自己の宗教を見直したのがアメリカ人が皆ユダヤ人かクリスチャンで有る事とそれからですが、哲学こそ持っていないのですが美学自体はまるっきりfranceから始まります.
強く隔てて、
例えば真似をする、模して改良するものでは有り得ず、
悄然としても光への憧憬と恥じらいが有り、自分文化と言葉を根っこから養いました。恥じらいが有らなければ私はTシャツを着ていて特別な事を何も考えなかったと思います。遥か光の影は、山々の緑のようなあるいは、透きとおった惑星の様にあらねばならない、存在したいと思うのです。全く不良のものでは無い。死の色んな欲は液体のように跳ね上がるが。譬えば太宰治、三島由紀夫。

 

鶴よ頭の黒い、劣りの美しい容貌や、惑星のほかげをもっともっと慈しむ。

 

フランス、と拘るのは絶対惰性ですので、ダダとかもっと目に見えぬ奥行きを世界中を広く見たい。中国人からしたら、哲学が既に完璧に完成されている彼らの外側に、「思想」なる全く新しいもの、を彼らが臨まれて、アイヤー…
だろう。習得!詩性!実務!勉学!覚知!いまや、いまや多岐に多様性を持ち、ダイヤモンドは更に硬く、深く、空中を宙返りし、、
この先の詩は知らないが作成して欲しく思う。

 

習得!…からなる、

この明王が云うに、妬みは無いあるか? 

それらこれと云うのも、人がいい楽天的な理知の、
最も悪的な柴犬の、眼鏡をかけたこの我らの忠義と

努力と、負け惜しむような気高き遠吠えと、能花で、風姿花伝で成っている。

なんと機械を、中国がアメリカも日本も追い越して一位を獲得したのだ。


柴犬、我ら忠義が足りない!


日本人はゆったり負けていこうではないか!

 

その先に必ず知がある。誰にも犯されぬ、そこは誰にも犯されない。


日本人はゆったり負けていこうではないか!

その先に、

必ず 知がある!

誰にも犯されぬ、そこは誰にも犯されない。

 

傷つく思いやりと、赤の周りの透明色を持つのです。



こんにちは、華村です。

今日もららら〜、と歌います。





色んな客観視は、見られたいとかは、もうちょっと高いところにある意識で、善なる神とかそういったものと接続されます。

そういった意志が 





何かもう全てを拒絶したい とか

相手に嫌われる方法とか

結局 君と私は違うんだ

と几帳面に表現したい

それはああだぞ とか 他者の介入も干渉もない世界で

呼吸をととのえたい



そうするのは

そこに価値が 早く含有しているから

理由なく 一人になったり孤独を好いたりしない

何かこう色んな 突起が有って

唐突で

詩とかジャズって元々こうではないかいの?

だからその先にいたとしても

落ち着いています

普段から音に包まれることです


何かこういう細かい感情を自覚的に持っていたい

人間ってぼろぼろなもので
ある日 簡単に腹をひっくり返すのだから
自信を持って黙ってるひとなんて信用しない

人を守ったりするから、鈍感さってわざとで有ったりする




自分の心をちゃんと砕いていって人がきらりと光るほど

時どき破裂したい

壊してしまいたい狂気とは

良相性

今は中途半端で病むから、いろしなきゃいけなくなってくる

漫画書きたいやんか。きらきらと写し取りたい。趣味

その為、もごもごって消えへんねん。

見えると落ち着くもので
そうゆう思いやりが欲しい、人は、色々くれてる。

他人にわからない感じで、色々思いやりはある。 

だからほんまにその他って無きものや。

自分にとっては。



心が美しいわけない、白人でもないのに、どっちがどっち特別が有って、
死に方が違う

その上にジャッジーがおる、という想像

生き方は同じかも知れない、その時にヤーマンと云う

その時にその時だけに最高に特別な石ころを。

二度と無いこと。二度と無いことが、涙の様に零れて

ぽろぽろと巷を彷徨って居る。 

だから二度とないために辛いことから虱潰しに覚えていったら結果的に強くなった。詩も歌えるようになった伝説が青く光っているのを観測した。

しかし、学びのペースが最大にベースを取っているので色々気遣いを忘れない。
辛いことから積み立てて行くと、精神がタワーのようになっていく。
自分の痛いところとか。




まぁ仏界は色々探索が出来る。

般若波羅蜜多。

多くありますように(*^^*)


心無罣礙 無罣礙故

無碍が有りませんように。

自分で読んで下さい。

ふんんっ


南無妙法蓮華経

後悔懺悔

ちゃんと重ねて服を着る、と云う意味。きらびやかに!

要は、悪いことをぽいぽいしない、という事

ビゴップ(すばらしい)、と思います。

語尾の「経」と云うのが、
尊敬します、って意味。

人を狂わせる美、

そんなものが「お宗教」で有る。
キリストも、日蓮も、蓮に違い無く

くらくらするほどの麗人が、釈迦。

危険、危険。

と言うことで、何となく文化を取り戻し自己の心と自分の手を合わせて、

悲しんでな。

この額から、希望を見つけ。

「死」が嫌なら、何か工夫して歌い。

自分は良い墓とまではいかんでええが、。

まじで美しい気持やけど、幻覚やから。現実とは夢を月明かりほど含むものだと思うから、この道は正しいと思うの。


予定があるわけでも無く、婚活でもなく、

心が詩文を作って行く。それは「物語」を描くその為の

てこ、程のことであって

低価であり、遊んでいるし、詩人もいい加減を死守する。

物語、という文明は、

中国よりか古い「私」の国である。

芸術学校ではそう習った。

文明で有るとは、今知ったけども。

文明と文化の違い

これは、動かせないか、移動可能かこれに尽きます。

「古事記」からなり、

詩は、あったかも知れないけど。

中国よりか古い「私」の国 も、

どこにでも有るのかも知れない。

ちなみに「私」って書くのは、
私たちとか、あなたら、この意味を持ってそう書いてるのです。

つまり、今が現代が、実は最も古いんじゃないかと思ってる。果てしないコロナの苦労が、何かを支えたりするが、解いかけが常に沿って存在していて有る。

中国を、イデアとして。

遙か、シンバルのあの音を「永久」とする


そう、それをやってあげるのが日本人だ。

長いものから反れて、嫌われている。

天使等に安安となろうとするところが、顔が厚く「横着」だ。

繊細ではない。

人間性に乏しい、で調べてみたら、

ツンツンしてる。

と出てきた。

人間味に欠けるとも、書いていたけど、「味」とか豊かさをごっそり失ったから、非常に何事もキレー
底が無いとか、認識出来なかったというか、物分りのスピードがそこで大きく変わってしまった。
字にも自由を教わらなかったし、 

宗教、親父の酒、憤り、冷たい態度

これらを古臭いもの、として扱ったまま、大気圏外にある令和人。

水も氷もがつがつと食い倒して、

大きくなりたい!!

という将来の夢を託されていることを忘れなかった、ぎりぎり。

ふぃ〜

何らか何でも良いので結果オーライ。

打つ手に頼りがいがある、意外と


令和人

 

 

がんばってください。

 

何か人間関係の円滑剤が欲しいが、
帯を見えないまま結んでいて、
他をシャットアウトする最近は最近で、柔軟に楽しんでいる。

仕事をしてたら違う。その経験が丸々既に円滑剤となっている。
だから石の上にも三年である。

石の上であることかめしれない。

うぉぉりゃー!!

かめ?

聞き違いは聞き違いで役立つ。

かめ?

夏目漱石のタカビーとか、
小説や文学に存在する余計なくだらない敷居を、めっちゃ楽しむ。
これが、学問であるが、厳かさと云うのも、もろい繊細な
「芸術のような」もの、これは如何にも大義を感じるのです。


こういう代物、全体的な熟考の生まれを「亀」と云います。

余りが無い、

と云う事です優れて居るのは。

つる

鶴と云うのは、フランスでは不吉として嫌われます。

日本で狭く飛んで居る中で、それでこそ彫刻は出来上がります。

出来上がってから渡すので、何十年も彫り続ける事です。

歌舞伎のちゃっちさ。
「色」「色」してるから。標本のように色々臨める。お高く思うと何かやけに無駄なものが出てくるし、文学とも云えない。、云わないのは唯一で有ったり、天上天下、と、とんっとだけ仕切って行く。
あらゆる価値が文化史上最も「とっぽく」嫌に余り近づかない。
この上無く、

成立することの「可能」で有る諸悪の表現は、鍛錬の昇竜拳等で有り、私達の様な成り立たない粘土のような善意とは異なる。

こうずるずる恋をして置くべきだし、それくらい脱力して観るもので有る、安いと言わねばならねのは、祝いにやっぱり時間の操る仕掛けに誠実を覆すのが、

平安も、武家社会も、

戦国、も、全部終わった後に成り立つ江戸時代とは、価値観がもうこの上に無いという意味に「天上天下」ときたら「唯我独尊」と声、お墨付きである。殊更のことでは無い。

熱(ほて)る =ホテル

僕は帰える。

何か学んで行くべきだ。

ぼやぼやしてたら、文化的になりました。

とは云え、私は「能」派です。
あんなに、わははっと可笑しくて怠けたもの、それを混交して有るもの、その他を適当に置き去りに出来る、

「孤独」の表現力は、ドビュッシーを連想しました。

 

花?

これを立派に磨く事が命やねん。
道徳の答案なども、こう小難しい所に有るが、結局落ちなければならないし、泥や水や夫と、煩いとして、闘わなければ、風も姿も花も、伝えることさえ声に無く。

ああ、夢を見ていた。


意味がわからない

じゃなくて、

何事も原文に付き合ってたら

馴染ましさとは、美しさで有り、

自分が育てて開花を待つのだ。

馴染ましさは、その滑らかさで有り、

即ち美しい!

自分が光になる

のではなく、

光にたいして抵抗すること

自分が負けてしまわないように真っ直ぐとあがくのじゃ

光に立ち止まるのは、蛾くらいで、

若し神経が優れてたら、人の嫌もわかるし、回避もする。

所詮は重力に何の思いもしないで、

憎しみを愛と言ったりするごちゃごちゃな奴

 

傷められるのではなく、自分が筋肉を使ってそれでも傷ついて行くさなかに、直立する光で有る。

一度、立てば、結構簡単だったりする。

諦めることや。

同じ重さになって来て、気にならないようになって来る。

それまでの地獄は、

突拍子もない憧れで養われるのでは無く、

これまでの周囲にず

 

っと未知を見る。つまらない世の中をこそ、見続ける事だ。

遠くの星に未知があるはずない。

光や電球にぴょこぴょこたむろするような、猫や害虫になるのではなく、

そんな道に往生して教えが、どうこうのではなく、

もっと頼って、見切って、蹴り、自分の居場所に落ちましょう。

老けないとは、こう言う事を指します。

白比べをしない事。

そう言ったものを、捨てて、見切って、

 

蝶になる、それを模す、真似する努力に耽って死んだら良い。

蝶には、どんな特徴がありますか?

昔つけることの出来た観察日記を、

思い出してみよう。

「風姿花伝」世阿弥

けっこう、五十の歳が花の山だったりするから、日頃の思い違いも甚だで有る。

精神も取り戻さなければ。

精神的でないと!

何か自分より優れたものを、いつまでも怖がってたら駄目!

私は何度も練習した、

「これは、「美しい」んや。」

「お洒落ですね!」
「綺麗ですね!」
何事も無い日々だけど、元気は伝わってる。

自分の挫折も、譬え苦しみも、平和に影響を与えないよ。

静かに暗くなっておきなさい。

ちゃんと周りに当たり散らして!

そうゆうふうに頼れる周りの人に、

ちゃんと周りにしがんで!
工夫して。


読み進むにつれてわかる事だが

自分が如来、神(色んな種類がある)

とかでは無く、

落ちた矢先で「精」と成った。

誰も「いない」ので、

代弁している雷です。

 

如来と云うものの、

代弁ではないよ。

そこは注意して!

 

わしは、金色こんじきも

潔く、何もかんもをざっと脱ぎ捨てます。

神と暮らしています。

恥じらいはもっともですが、懐かしい。

 


前に出るとか出ないは自分で決めてっ。よねっ。


あんまし、男子なるには興味がありません。

そっちで勝手にしてて欲しい。

天地無用って何やったっけ?

佛いらず…

私は自分を好きな人のところに行き、

他者では無い佛に為る。

結局仏性も色々研ぐ。私は、天から如来に聞いて菩薩道を行く。


 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ